--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08/23 : 石垣・黒島の旅③ 「黒島は暑かった~!!」

石垣島から船で25分!
7月の真夏の黒島は
焦げるかと思うほど暑い!


ishi10.jpg
黒島のメインビーチで、最大の観光スポットである仲本海岸。干潮時、リーフにはたくさん礁湖ができる。

2000年の7月に訪れた黒島は、とにかく暑かった。
黒島へは石垣島の離島桟橋から八重山観光フェリーと安栄観光の船が出ていて、およそ25分で到着する、思ったよりも近い離島です。沖縄本島から慶良間に行くよりも近い、伊良部島や伊江島と並ぶ、じつは気軽に行ける離島のひとつです。

黒島港には数軒のお土産屋さんやアクセサリーショップがあるだけで、民宿が集まる「仲本」や「宮里」へはちょっと離れていますので、真夏の日中の炎天下に歩いていくのは危険かもしれません。宿に宿泊する予定でしたら、到着時刻を伝えておけばクルマで迎えに来てもらえるはずです。

黒島には宿は数軒しかありません。そのうちダイビング施設があるのが「民宿くろしま」と島唯一のリゾート感覚のある「黒島マリンビレッジ」です。私たちは、黒島に渡った最大の目的である「パナリ(新城島)ツアー」を催行している民宿くろしまに宿泊しました。

ここはダイビングがメインの宿なので、あまり食事には期待していなかったのですが、やっぱり内容はイマイチでした。べつに離島に来てまで、トンカツや生姜焼きのような一般的な食事が出ても、ちっともうれしくありません。やっぱり、地の物で夕食は作ってほしいと思います。

私からすると、何で「黒島でトンカツ食べなければいけないの?」という感じです。ダイビング目当ての客が来るから、あえて料理では努力しなくてもいいということなんでしょうか…。うーん、悲しいです。
地の食材を使った、本当に美味しい料理を出せば、それだけでその宿の魅力は何倍にも増すと思うのです。それがリピーターを定着させ、口コミで客を広げる大きな武器になるのに…。


黒島の中心の村には
日本百選の道がある!
ても人はまったく通らない…


ishi2.jpg
仲本海岸の隣に位置する宮里海岸。海に入らなかったので、海中がどんな感じなのか不明。

ishi3.jpg
宮里海岸の入り口にあるフズマリ展望台。石を積み重ねてつくられたものだが、
何となく陰からハブが出てきそうで、恐くて登ることができなかった…(笑)。


民宿くろしまには3泊したので、仲本海岸でのスノーケリングのほか、宿の周囲を散歩し、レンタサイクルで島内を見て回りました。5年前の遠い記憶をたどると、その感想は、ただただ暑かった! ということしか思い出すことができません。

7月の黒島は、見た目では真上から太陽が照りつけるようで、日中は少し歩くだけで頭がくらくらしてくる感じ。とてもではありませんが、夕方になるまで散歩ができる雰囲気ではありませんでした。
宿から10分くらい歩くと、黒島マリンビレッジの横にある海中公園研究所にたどり着きます。ここではウミガメが飼育されていてますので、時間に余裕がある人は訪ねてみるといいかもしれません。

黒島の宿は仲本海岸のそばに集中していますが、島の中心はそこから、炎天下を自転車で15分くらい走り続けた東筋にあります。ここは日本百選の道のひとつということですが、あまりの暑さのため、道の美しさを味わっている余裕なんかきっと出てこないと思います。人やクルマもめったに目にしない道です(笑)。

島の中心に行ったからといって、郵便局があるくらいで、何か特別な施設があるわけではないので、特別な用事がないのでしたら無理して行く必要はないと思います。小さな売店が1軒だけありますので、アイスを買って英気を養い、ふたたび民宿への帰路に着きました(笑)。


仲本海岸以外にも極上の
スノーケリングポイントが
あるという噂が…?


ishia4.jpg
黒島の中央部には牧草地帯が広がる。なぜなら黒島は牛の放牧が盛んな島だから。

民宿に泊まると、離島めぐりをしている、いろいろな人と知り合うことができます。「民宿くろしま」では、波照間島でキャンプをしていた人、西表島でスノーケリングツアーをしてきた人、何の目的もないのにただ黒島に来た人…など、さまざまな理由で黒島にやって来ていた人と話す機会がありました。

あっ、そういえば野鳥を観察しにきた人もいました。民宿の周りには、けっこういつでも鳥が鳴いていて、美しいさえづりを聞かせてくれます。とくに夕方近くなると、多くの鳥たちが肉眼でも見える場所に顔を出し、素敵な音色を聞かせてくれました。

でも、やっぱり黒島は海以外には何もない島です。とくに真夏に訪れるとしたら、海で遊ばない場合は、ただ部屋の中でじっとするくらいしかできないかもしれません。

スノーケリングは仲本海岸がメインなのですが、島の北東にある阿名泊(アナドマリ)が、エダサンゴが群生する素晴らしいスポットだということを聞きました。ただ、スノーケリングの情報として聞いたわけではないので、スノーケリングができる場所なのかどうかも定かではないのですが…。どなたか阿名泊のスノーケリング情報をご存知でしたら教えていただけるとうれしいです。


(次回は、黒島~パナリツアーをアップする予定です)

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示
Trackback
http://yosi5671.blog11.fc2.com/tb.php/98-017a3d59
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。