--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08/17 : 座間味島の旅 「無人島渡しのベースとなる島」

ケラマ諸島の中でもっとも
集落が発達しているのが
阿嘉島の北に位置する座間味島


zama4.jpg
古座間味ビーチの左端の林には、ごみ処理場が建つ。なんでこんな場所に…?

zama1.jpg
民宿・宮乃里。最終日の夕食に沖縄そばが出たのがうれしかった。

2001年10月、バースデー割引を利用して、ケラマ諸島の座間味島に3泊、阿嘉島に1泊の4泊5日のスノーケリングに出かけました。阿嘉島の旅に関しては、阿嘉島の旅行記ですでに取り上げてしまいましたので、今回は座間味島の旅について書いていきますね。

座間味島では、民宿・宮乃里に宿泊しました。港からは歩いて5分くらい。座間味島の中では一般的な大きさの民宿になるのではないかと思います。ダイビングを確かやっていなかったと思いますので、とてもノンビリとした雰囲気がして落ち着いて過ごせます。

食事も、私が泊まった最終日には沖縄そばが出たように、けっこう沖縄の食を大事にしているので、とてもよかった記憶があります。民宿には、かわいい犬がいて、人に吠えることもなく、近寄ると尻尾をふって喜んでくれます。海から宿に帰ってきてとき、嬉しそうに近寄ってくると、とても楽しいものです。


zama5.jpg

zama6.jpg
なぜか、座間味島の集落には、あちこちに朱色の鳥居があった。

座間味島の集落は、阿嘉島よりも大きくて、全体を散歩するとけっこう時間がかかります。村のあちこちには、なぜだか鳥居がたくさんあって、ブロック塀に囲まれた細い路地の突き当りとか、家の前とか…ポツンとあって、なんとなく気にかかりました。沖縄で、鳥居ってあんまり見た記憶がないものですから…。

食事に関しては、阿嘉島よりずっと豊富です。港のすぐ近くに、何件かの食堂がありますし、集落のところどころにもレストランやショップが点在し、夜になると人がたくさん繰り出してきます。民宿では夕食をキャンセルすることもできますので、何泊か連泊する場合は、どこか外に食べに行くのもいいかもしれませんね。けっこう、お寿司屋さんがありますよ。


zama10.jpg
座間味小学校の校舎の屋根についていたシーサー。

座間味島のメインビーチである古座間味ビーチまでは、港の前からバスが運行されていますので、フェリーのターミナルに併設されている観光案内所で、運行状況を訪ねてみるといいと思います。一度だけ、港からビーチまで歩いてい行きましたが、けっこう大変だったような気がします。

港から阿真ビーチ方面に向かうと、大きな公園があります(そういえば、阿嘉島港の横にありました)。しかし、日中の暑いさなかに公園で遊んでいる子どもたちは一人もいませんでした。そばには、貝とサンゴのかけらでできたビーチもあるので、貝拾いにはいいかもしれませんが…。

村のもっとも北のはずれに座間味島の小中学校があります。意外と大きな木が植わっていたり、校庭に芝生が敷き詰められていたりして、緑が豊富で、見た感じ、なんとなく涼しさを感じさせる気持ちのいい小学校でした。

そういえば、阿嘉島も渡嘉敷島もそうですが、ケラマ諸島はどこも緑が濃く、自然がとってもバランスよく残されていると感じました。この緑の濃さが、そのままサンゴの発達した海につながっているのかもしれませんね。きっと、海と山はつながっているということなのでしょうね。


zama14.jpg
フェリーざまみが座間味港を出発するとき、村の人たちが海へのダイビングで見送っ
てくれる。そのパフォーマンスにフェリーからは大きな歓声が湧き起こった。


嘉比島、安慶名敷島、安室島への無人島渡しは、座間味港がベースとなります。嘉比島、安慶名敷島へは一人1,000円、安室島へは2,500円で渡してくれますが、小さなボートでの島渡しですので、天候に左右されやすく、渡れない日もあります。

(次回は、渡嘉敷島の旅をアップしようと思います)

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示
Trackback
http://yosi5671.blog11.fc2.com/tb.php/93-50d3f719
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。