--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06/06 : フィリピン・セブの旅2  「バリカサグ・ドロップオフ」

phil.jpg
椰子の木に囲まれたアロナビーチのホテルやバンガロー。白砂のビーチは美しい。

上の写真は、ボートでバリカサグ島に向かう途中で撮ったアロナビーチ。なぜ、バリカサグに行くことになったかというと、アロナの海はものすご~い遠浅で、行けども行けども、水中は藻ばっかで飽きてしまったからです。
(でもじつはアロナビーチは、150mほど沖に行くとリーフエッジになり、そこは珊瑚びっちりのドロップオフになっているということを最近になって知りました…残念~笑)

「アロナにずっといてもつまらないなぁ。バリカサグに行こうかなぁ」と思って、朝ご飯を食べた後ビーチを歩いていると、「もっときれいな珊瑚が見れる島があるけど、行きませんか。船で渡しますよ」と島渡しのお兄さんが近づいてきました。

1日3000円のところを2日間で5000円(1日目、船でバリカサグに連れて行ってもらったら、感動のあまり、スノーケリングから帰ってきてすぐに「明日もまた行きたいからおマケして」と言って、2日間で5000円にしてもらったのです。安い~!)に交渉して契約は成立。待ち合わせ時間を決めて、お兄さんは帰っていきまた。

島渡しのお兄さんは、自分の船を所有しているわけではなく、知り合いから小さな船を借り出してきたようでした。片手にエンジン用の燃料をもち、もう一方に自分で食べるランチをぶら下げて、彼は待ち合わせ場所に現れました。

船は両側に横転防止用のサイドバーがついているものの、行きは潮の流れに逆らって進むため、私たちよりずっと高い大きな波を乗り越えるときには、船はその度にジャンプ。
ビッグサンダーマウンテンなど比べ物にならないほどの、スリルを楽しめました…(笑)。その恐怖は予定調和ではなく、常に死と直結していましたから…。

船をつかむ手にびっしょりと汗をかいたころ
およそ30分でバリカサグ島に到着。
ようやく生きた心地がしました~(笑)。
ふう~っ!!

phil3.jpg
バリカサグ島には、島の人々が暮らしている。ビーチ沿いに島を1周歩くと40~50分くらいかかった。

1日目はバリカサグ島唯一のホテル「バリカサグ・リゾート」沖のドロップオフ「フィッシュ・サンクチュアリ」に直接案内されました。
ここは本当に最高の海です。
セイシェルに続く、2度目のスノーケリングでバリカサグのドロップオフを体験したことが、その後の私の年1回のスノーケリング・ライフを決めたといってもいいでしょう…。

島渡しのお兄さんは、干潮の時間を計算して、私たちをドロップオフポイントまで連れて行ってくれたようです。ポイントに到着したとき、ちょうど水面にリーフエッジが顔を出しているところでした。
さっそくマスクとスノーケルをつけ、リーフエッジからドロップオフをのぞいて見ました。

……

言葉にならなかった。
真っ青な空間。
透き通る青は、光の届く量により
底に向かって
沖に向かって
その濃さを増していった。
水に溶いた絵の具が
濃紺から透明な水色へと
無限に色がにじんでいくように
光のグラデーションが
青の海中に広がっていた。

宇宙を漂っていた。
水の存在をまったく忘れていた。
かすなかな波に揺られながら
水面を浮遊していた。

青の世界にからだが溶け込んでいく。
頭からすべての思考が消えていく。

ふと、われに返る。
ドロップオフの底のほうに
ダイバーが泳いでいた。
丸いシャボンをはきながら。
泡は、ゆつくりゆっくり
壁に沿って空へとのぼっていった。

ドロップオフの壁には、赤や黄、青、紫、白…の色鮮やかな珊瑚が見られました。サカナたちも壁に沿い、さまざまな色で競演していました。ギンガメアジの群れもやってきて、少しもぐれば、群れの中で一緒に泳ぐこともできます。

ドロップオフまではリゾート前のビーチから100mくらいあるので、干潮時はリーフエッジ内の珊瑚でからだを傷つけないようにすること、珊瑚をフィンで蹴らないこと、そして行き帰りを泳ぎきる体力を温存しておくことも必要になります。

リーフエッジ内でも、色とりどりの珊瑚やサカナたちを十分に楽しめます。しかし、浅瀬でのスノーケリングなら、エッジ内よりもむしろ、リゾートから海に向かって左側の水中の斜面がなだらかな場所のほうが、水深2~3mのところに大小さまざまな珊瑚の根が点在するので、より楽しめるでしょう。

2日目は、ドロップオフの島の反対側ビーチから、左回りでドロップオフまで、潮の流れに沿って、2~3時間かけてスノーケリングしました。島渡しのお兄さんが案内してくれたのです。

彼は、私たちがスノーケリングしいてる間ずっと、船の上から見守りながら、次々とスポットを案内してくれました。珊瑚はリゾート前に近づくにつれ発達していき、やがてリーフを形成していき、その終点がリーフエッジのドロップオフだったのです。

バリカサグ島での2日間は、本当に素晴らしいものでした。
アロナビーチ滞在、最後の夜。
レストランでの食事を終えてホテルに戻る途中、
島渡しのお兄さんにばったりと出会いました。

彼は手にお酒を持ち、近づいてきて、「これは俺たちが作ったお酒なんだ。一杯どうだい?」とすすめました。赤ワインのような、フルーティな味がして、美味しいとはいえないけれど、でも飲めなくもない味でした。

アロナビーチでのスノーケリングの旅は、海も、人も、食べ物も本当に最高でした。もしまだ、あのときのゆったりとした時間と、親切な人たち、美味しい食事、美しい海、それから安い物価(笑)…が残っているのなら、ぜひまた訪ねたい場所のひとつです。

じつはフィリピンの旅は、写真がほとんど残っていません。水中カメラを持っていくのを忘れ、陸上用カメラも調子が悪くてフィルムが2本も写っていませんでした。バリカサグの美しい海を写真でお見せできなくて、本当に残念です。

(次は、いよいよ日本編。まずは小笠原のドルフィンスイムから)

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示
Trackback
http://yosi5671.blog11.fc2.com/tb.php/9-8dbcf807
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。