--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07/13 : さらに進化した「4-2-1-2-1」は、どうか?

先日、日本代表に
中田英寿を真ん中におき、
MFの小野・福西・小笠原・中村を
共存先発させるシステムとして
4-3-2-1」を試してほしいと書きました。

でもそれは、きっとの進化したシステム
4-2-1-2-1
へと移行するのではないかと思います。

     柳沢
    (大黒)
  小笠原  中村
     中田英
   小野    福西
 相馬 中澤 宮本 加地
(三都主) (松田)

たぶん、実際の試合ではこのようなシステムとなり
福西がボランチの底としてチーム落ち着かせ、
小野がチーム全体をコントロールし、
中田ヒデがボールをキープして
広い視野で前線を把握し、チームを前に押し出し、
小野、中田ヒデ、福西が効果的に前線に飛び出し
中村と小笠原はポジションチェンジしながら
左右の相馬と加地の上がりを生かして、
ペナルティエリア内での決定的な仕事をして
柳沢と大黒が相手DFの裏へと抜ける動きを見せる。

そんな中から、フィニッシュシーンが
何度も出てくるのではないでしょうか。

すごく、中盤の早いチェックとパス回しにより、
相手のスピードを上回る攻撃ができると思います。

そして、DFには中澤と松田をセンターに並べ、
高さとフィジカルの強さを生かせば
相手の攻撃をことごとく防いでくれるのでは…。

そして左サイドには、そろそろ三都主以外に
相馬、駒野、中田浩…などを試してほしいものです。
三都主は、好調不調の違いが大きすぎて
(最近はずっと不調という感じですが…)
いくらなんでも、そろそろ違う人材が見たいものです。

ジーコ監督、お願いしますよ。

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示
Trackback
http://yosi5671.blog11.fc2.com/tb.php/57-d4f6f353
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。