--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07/09 : 宮古・多良間・水納島の旅6 「中の島・吉野海岸でスノーケリング」

miyak4.jpg
伊良部島とつながっている下地島の西海岸にある「中の島」は、スノーケリングポイントとして知られる。

多良間島から宮古島への飛行機は、低気圧の中を低空飛行で飛びました。途中、何度も大きな揺れを起こし、その度に機内は大きな絶叫に包まれましたが、なんとか無事に宮古空港に到着。その瞬間、機内からは歓声が上がりました。
私も恐怖で全身汗びっしょりでしたが、その緊張からようやく解放されて、ほっと安堵のため息をつきました。「フーッ」(笑)。

宮古島本島では、平良市内にある「アトール・エメラルド」ホテルに2泊。2日の間にスノーケリングで、伊良部島に高速船で渡り「中の島チャンネル」を、そしてクルマで来間島の海岸、与那覇前ビーチ、吉野海岸をでめぐりました。

宿泊したアトールは、平良市内の繁華街や市場へも徒歩でアクセスできる、とても便利な立地にありました。夜は市役所近くの「ともや」という地元料理が楽しめる居酒屋に2日続けて行き、ミミガー、ラフテー、チャンプルー、宮古そば…&ビールで、スノーケリングでつかれ、空腹の体にエネルギーを補充しました。
安くて、しかも美味しかったですよ。

下地島の中の島でスノーケリング

miyak6.jpg
中の島はリーフエッジで外洋と遮断された湾なので、とても穏やかな海。
miyak3.jpg
種類は吉野海岸に及ばないが、中の島のサンゴはとても元気だった。

下地島の中の島へは、伊良部島に船で渡ったあと(15分くらい)、タクシーの運転手さんに案内してもらいました。そのとき、帰りのピックアップ時間を決めて、迎えに来てもらうことを約束しました。

私がスノーケリングに行ったときは、ほかに釣りの客が一人いただけで、泳ぎに来ている人は誰もいないため、海の中は独占状態。でも逆に、初めての海に、スノーケリングのポイントや潮の流れがまったくわからない状態で海に入っていくのは、最初はちょっと勇気が必要になります。

ビーチからエントリーしてすぐ近くは、あまり見るべきものはなく、湾の中ほどにある岩を通り過ぎ、リーフエッジまでの距離の半分くらいまで泳ぐと、サンゴも次第に発達していきます。写真はその近辺で撮ったものです。
エッジの外側はダイビングポイントになっていて、船が何隻も停泊し、次々とダイバーがエントリーしていきました。

吉野海岸でスノーケリング

miyak8.jpg
吉野海岸は、ビーチから海に入るとすぐ、10mくらいでサンゴの群生が見られる貴重な海岸。
miyako26.jpg
あいにくの雨模様だったため海中が暗く、短時間のスノーケリングで吉野海岸をあとにした…。

吉野海岸は「サンゴと熱帯魚が見られる、宮古島で一番のスノーケリングスポット」と聞いていたので、期待を胸に、クルマで向かいました。しかし、明るかった空は海岸に近づくにつれ次第に暗くなり、ビーチに着いたころには、雨がパラパラと降り出しました。

そんな天候にも関わらず、吉野海岸にはスノーケリングを目当てにした人たちが、すでにたくさん来ていました。そのお客さん目当てに、ビーチには売店やシャワー、トイレが完備しています。また、スノーケルの3点セットやライフジャケット、浮き輪などのレンタルもあるので、手ぶらで訪れてもスノーケリングできます。

前評判に違わず、吉野海岸はサンゴもビーチいっぱいに群生し、魚も群れをなして泳いでいました。海に入ってすぐそばのところに、これだけサンゴが群生している海岸は本当にまれで、スノーケリングを楽しめために自然がつくってくれた贈り物と言ってもいいくらいの海岸です。

しかも遠浅で、リーフエッジのサンゴが外洋からの波を遮断してくれるため、リーフ内は波もほとんどたたない穏やかな海となり、スノーケリング初心者にとっては、スノーケリングの楽しさを手軽に楽しむことができると思いました。

miyak7.jpg
ものすごい遠浅のため、引潮のときはサンゴが邪魔になって沖に出られないほど。

確かに、スノーケラー初心者にとって吉野海岸は天国のような海ですが、逆にそのために、初心者がたくさん集まりすぎて、サンゴの痛みも激しくなっているともいえます。泳げない人や子どもたちが、まったく躊躇なく、靴やフィンのままサンゴの上に乗る場面をたくさん見かけました。

ちょっと疲れたら、足の立つサンゴの上に乗ることが当然かのごとく、サンゴを踏みつけます。その数は、あまりにも多くて、というか、周りじゅうのほとんどの人(!)が、サンゴを傷つけることを何とも思っていないようでした。

いま思い出しましたが、吉野海岸を早めに去ったのは、その光景を見たときの、あまりの悲しさにあったのかもしれません…。

スノーケリングでは、サンゴの上に乗らない・踏みつけないことは当然で、手で触れないこと、フィンで蹴らないことは最低限のマナーです。もし、スノーケリングの途中で、下に足をついて休んだりしなければ泳ぎ続けることができない人は、サンゴの海をスノーケリングする資格はないと思います。

いったん海に出たら、サンゴがあるところでは立たないことがスノーケリングのルールです。もし、それができないようでしたら、ライフジャケットを着て足をつかなくても水面に浮いていられるようにする必要があると思います。

もしも、このブログをごらんになった方で、これから吉野海岸にいかれる方、初めてスノーケリングをされる方は、ぜひサンゴをいたわってあげてほしいと思います。美しいサンゴの海を楽しむことができるのは、サンゴが元気に生きていてこそなのですから…。

どうぞよろしくお願いします。

Comment

メナモミ
まだこんな所があるのですね。
ケラマのトカシクビーチなんかも30年前
は浜からサンゴがびっしりだったようですが
今は2~30mいかないと見れません。
浜からサンゴびっしりの浜というのは
とても貴重だと思います。
ヨッシー
ほんと、メナモミさんのいうとおりですよね。
吉野海岸のサンゴの群生は、本当に貴重な自然だと思います。

最近、吉野海岸では、サンゴや熱帯魚の密猟者が逮捕されたそうですね。
自然が残っている海岸が人に知られることで、逆にどんどん破壊もされていく…。

この悪循環を何とかして断ち切って、
逆の循環にすることができたらいいですよね。
Comment post





 管理者にだけ表示
Trackback
http://yosi5671.blog11.fc2.com/tb.php/51-416a6a28
今日はネタがないと思いたまたま私のブログに訪れた人の旅行記を見ていました。これから宮古島に行く私には島は未知の世界・・・さんご礁と熱帯魚の写真に癒されました。吉野海岸〆(._.)メモメモ 下地島〆(.. )カリカリッ!! とりあえず、鍾乳洞ツアーというのがかなり興味
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。