--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06/25 : あしたのPRIDEはどうなる?

明日は、いよいよPRIDE。
これまで私の頭の中は
サッカーのコンフェデでいっぱいでしたが
今日からはPRIDEモード。

GONG格闘技で、
ヒクソン・グレイシーがインタビューで
今の格闘技の在り方について
批評していました。

確かにもっともなところもあって、
特にK-1の総合イベントは格闘技としては
イベント的要素が高いことも事実だと思います。

この間だって、サップの一回戦の相手が
中尾はないんじゃないかと見ていて感じました。
あれは立ち技のK-1Kの試合ではなかったですよね。
最初からサップに勝たせようという意図が
見えていたような感じがしました。

確かに視聴率や話題を集めるという点では
K-1のカードの組み方にはうまさを感じますが、
今までK-1の総合の試合カードで、
このままではまずいんじゃないか…
お客を馬鹿にしているんじゃないか…
というのはたくさんあったと思います。

とくに大晦日のイベントは最悪でした。
このままでは、いつか観客も(テレビの視聴率も)
見切りをつけるときがくるかもしれません。
(K-1MAXは大丈夫だと思いますが、
今後もっと新たな人材がほしいとは感じます)

そのあおりをPRIDEも受ける可能性が
あるかもしれないと心配はしています。

去年の小川の対戦相手がレコとシルバだったのは
かなり意図を感じてしまいましたし、
ミドル級GPに実績のない初登場選手を出すのもまずいでしょう。

また、判定での勝ちを狙う姿勢の選手に対し
もっと厳しくイエローカードを出すなどの対策で、
格闘家としての生き様を追求した姿が
リアルにリング上に現れるような
試合を望みたいと思っています。

見るものは、試合の結果ではなく
試合を通して選手たちの
生き様を見ているのですから…。

そういう意味で、
中村カズにはシウバ戦で
言葉ではなく試合を通して
今度こそ「生き様」を
見せてほしいと思っています。

いろいろ書いてしまいましたが、
格闘技とPRIDEが大好きな者の
独り言だと思ってお許しください。

明日が楽しみですね。

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示
Trackback
http://yosi5671.blog11.fc2.com/tb.php/34-49c929f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。