--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03/01 : 小野-福西(稲本)-中田ヒデの3ボランチを!

<サッカー日本vsボスニア戦に思う>
日本vsボスニア・戦は
守備も攻撃もメタメタの課題が露呈!
本当にW杯も、左SBは三都主で行くの?


まだ、本番前の課題を見つけるための試合だと考えれば、
今回のボスニア戦は、サッカー日本代表の欠点が
明らかになったので非常に有意義だったといえると思います。
(最近いつも、そんな感じの試合ばかりですが…笑)

問題は、その欠点が修正できるか? ですよね。

4バック時の両サイドバック。
とくに左SBの三都主の裏を狙われることはずっと言われ続けてきました。
そして、実際にスピードもあり、組織だったプレッシャーが強いボスニアと対戦してみると
相手のサイド攻撃はほぼフリー状態で、三都主はファールで止めるのが精一杯でした。

2回目のオブストラクションでイエローをもらった瞬間に、
どうして中田浩二と交代しなかったのか不思議でたまりませんでした。
その後も、ずっとサイドを破られっぱなしです。
加地のサイドも、三都主よりはちょっといい程度で、
SBのポジションとしてはかなり心もとない感覚が残ります。

もし、このまま本当にこの2人を4バックのSBとして使うとしたら、
ボランチを含めた後ろ4人の連携が不可欠だと思います。
必ず、真ん中を誰かがケアして、サイドにも1人サポートが入り、
しかもパスコースを塞ぐ役もきっちりとつける。

となると、2ボランチだと、ボランチの2人はなかなか前にあがれなくなってしまう場合が多くなり、
攻撃的な中田英寿や小野伸二が入った場合、彼らのよさがまったく消されてしまうし、
日本にとっての攻撃の起点を失ってしまうことになると思います。

この問題を解決するとしたら、やっぱり、もっと守備力の高いサイドバックを
何度も言われているように、大至急テコ入れするしか方法がないのではないでしょうか。

小野-福西(稲本)-中田の3ボランチを!

もしくは、たとえば小野-福西(稲本)-中田ヒデの3ボランチにして、
福西をボランチの底にして、ヒデと小野が後半途中で交代する覚悟で攻守に動き回って、
チームを有機的に動かし、ワントップ下の中村(松井、小笠原)と連動して
攻撃のリズムや起点となるという方法もいいのではないでしょうか。

今回の日本vsボスニアの試合を見る限り、
中田英寿、中村、そして高原は、完全に先発レギュラーを獲得したと思います。
とくに、中田ヒデは、プレミアでの強いあたりとスピードに順応した成果、
プレッシャーを受けた状況下でも冷静さを失わず、ボールも失わず、
(いくつかのパスミスからの危機もありましたが)
相手DF裏へ抜けるラストパス、サイドチェンジ、スルーパス、ダイレクトパス、ドリブル突破、
パスコースのカット、前線からのボールカット…など、日本人の手本となる働きをしていました。

ただ、その分、DFとの連携やケアが弱まってしまうのが残念なのですが…。
そして、一番問題なのは、ヒデのラストパスをしっかり受け止めて、
そこからシュートまでもっていけるFWが日本に果たしているかどうか…
というところなんだと思いますが…。むずかしいところですね。

とにかく、左SBの三都主。何とかしてください

ぜひ、一度、ケガから復活した今野を試してほしいです。
(ずいぶん前にも書きましたけれど…)
彼なら、今からでも三都主よりいい結果を生むと思うんですけれど…。

次回は、現時点での私が選ぶW杯の23人をアップしようと思います。

Comment

さばすけ
始めまして♪

三都主は要らないと思う。
オレは3バック派で、3-4-3かな~

FW   久保  高原
      松井   
        中村
MF   小野  中田
       今野
DF  中澤 宮本 田中
GK     川口

これでいいんじゃないかと・・・

で、
サイドを攻撃的にいきたければ、
小野か松井→加地
スーパーサブで、田中達。

どうですかね?
ヨッシー
さばすけさん、こんばんは。

3-4-3もなかなおもしろそうですね。
たしかに4バックのSBを探すことを考えると
3-4-3のほうが有効かも!!

Comment post





 管理者にだけ表示
Trackback
http://yosi5671.blog11.fc2.com/tb.php/277-1b07940b
昨日は中田英寿選手がロスタイムにヘディングで同点弾を決めるという、なんともハラハ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。