--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01/29 : 冷え切った心と体をポカポカにいる風呂瞑想

<オススメお風呂の瞑想&リラックス法>

心と体が芯まで
ポカポカ間違いなし!


真冬の冷えたからだが、指の先から体幹部まで温まり、同時につかれた心を満たし、
自分の中に力が湧き出るとっておきの入浴法です。

①まず、お風呂を腰湯ていどにに入れます。
長時間の入浴になるのでお湯が冷めないようにすることが大切です。

②足を指先からヒザの裏までマッサージします。
指を1本1本丹念にほくじ、足の裏も土踏まずを中心に、かかとまで十分にもみます。
たぶんこの時点で、汗が相当出てくると思います。

頭の中も、次第に余分な思考がなくなっていきます。
なぜなら、風呂の中で足もみを真剣にやっていると、
体が熱くなってきて頭が真っ白になり、
何も考えることができなくなるからです。

③続いて足の甲、足首、ふくらはぎ、すね、
そしてヒザの裏をやさしくいたわるようにマッサージしていきます。

きっと、汗は瀧が流れるように噴き出し、
ポタポタと雨のように汗がお風呂の中に滴り落ちることと思います。
体は芯までポッカポカです。
全身の血行がよくなるので、
冷え性の私もこれで手足の先まで温かくなり、腰痛もおさまりました。

たぶん、これだけで30分はかかると思いますので、時間がないときや体だけを癒したいときには、ここまでで十分だと思います。でも、心も満たして自分の中心を取り戻すにはさらなる瞑想をオススメまします。

すべての人生に感謝し
自分自身の喜びの延長線上に
すべての喜びを感じる瞑想


④目を閉じて、頭から息を吸って、背骨を通してお腹に息をため、
また頭から息を吐くという呼吸をしながら瞑想します。

さっきの足もみマッサージで、全身の細胞が開き、
しかも思考も手放した状態になっているので、
瞑想での集中力が高まりやすく、心が開きやすい状態のため、
簡単に深い瞑想に入れます。

⑤まず、生まれてからここまで生きてきた中で
思い出せるすべての人に「ありがとう」って感謝をいいます。

両親から、兄弟、家族、友だち…と思い出しているうちに、
その人とともにいろいろなシーンが浮かび上がってくると思います。
幸福なシーンも嫌なシーンも、すべてのできごとが
今の自分を形作ってくれていたんだとわかって、
どんな人や出来事もいとおしく、ありがたく思えるのです。

それら一つ一つに「ありがとう」といってあげることで、
同時に自分の中が幸福で満ちていくのがわかると思います。
すると、本当に自分の人生は素晴らしかったんだ、
これでよかったんだという喜びに満ちていくと思います。

⑥そうなったら、今度は、自分が生きてきたすべての人生を
「ああ、本当によかった」「私ってなんて素晴らしいんだろう」と
感情を込めて、幸せで全身が満ちるまで味わうんです。

そして全身の細胞が歓喜するようになったら、今度は
フルネームで自分に対して「ありがとう」と言ってあげるんです。

私はここまで来るとよく涙を流している自分に気づきます。
ほほが緩み、体からすべての緊張感が抜けていって、
全身がが喜んでいるのが本当によくわかるからです。

⑦そうしたら、その自分の歓喜の状態の延長線上で、
いままでの人生で出会ったすべての存在(人間だけでなく)、
そしてこれから出会うすべての存在が幸福に満ちている姿をイメージして
最後にその状態に「ありがとう」と感謝してゆっくり現実に戻るのです。

寒い冬は、心も体もぽっかぽかになって、全身が幸せに満ち満ちて、
おまけに疲れも取れてぐっすりと眠りにつくことができるんですよ。

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示
Trackback
http://yosi5671.blog11.fc2.com/tb.php/245-4b5390be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。