--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01/16 : PRIDE無差別級GPの開催は、やめて~!!

無差別級グランプリを
開催する必要が
あるんでしょうか?


PRIDE無差別級GPの開催が正式に決定してしまいました。
ヘビー級のほか、ミドル級、そしてウエルター級、ライト級の参戦による、
出場選手は16人で柔道の無差別級みたいに行なうみたいです。

5月5日 開幕戦(大阪ドーム)
7月 2回戦(さいたまスーパーアリーナ)
9月 決勝ラウンド(さいたまスーパーアリーナ)

ヘビー級トップファイターのほかに、
ミドル級からショーグンやシウバ、
ウェルター級からダン・ヘンダーソン、
そしてライト級からはなんと五味が参加するかもしれないというのです。

柔道と違って、打撃、パウンド、サッカーボールキック…など
体重による破壊力の差が如実に出てしまう総合格闘技で
無差別級のグランプリ開催は危険すぎると思います。

73kgの五味選手と120kgのヘビー級では、その差約50kg。
どうやって闘うというのでしょうか…。

見ている側には、迫力があるでしょうし、
話題的にも盛り上がるかもしれませんが、
スポーツとしては認められるものではないと思うのです。

ヘビー級とミドル級のファイターで無差別級GPをやるというなら、
アローナやショーグン、シウバなどはもともと体格的にヘビー級で
ミルコやノゲイラと同じくらいのウエイトがあるのを
体重を絞り、階級をミドルに落として闘っているのですから、
すっごく面白いとは思うのですが…。

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示
Trackback
http://yosi5671.blog11.fc2.com/tb.php/237-4d3a9174
無差別級GP、やっぱりやっちゃうんですね。ファンがこれだけ反対してるっていうのに。 2006年、PRIDE無差別級GPの開催が正式決定!5月の開幕戦を皮切りに16名のトーナメントがスタート(PRIDEオフィシャルサイト) この前の記事でも書いたけど、ライ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。