--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01/03 : 大晦日、格闘技対決は「五味&ヒョードル最高」

大晦日の格闘技の視聴率対決は
PRIDE男祭り2部が17%
K-1ダイナマイトが14.8%


まだ、PRIDEとK-1とも録画した全部の試合を観ていないのですが、

ベストバウトは「五味vsマッハ」
次点が「ヒョードルvsズール」
で決まりでしょう!


<K-1ダイナマイト>
個々の試合の感想は、今後また書きたいと思いますが、
全体的な感想としては
K-1ダイナマイトは、なぜ「シュルトvsホースト」を放送しなかったのか、
そして「KIDvs元気」の試合をなぜあんなに早く止めたのか…
ということが、何をさておいて挙げられると思います。

本当はホーストの試合を放送したかったのだけれど、
もしかしたらホーストがシュルトにあまりにもむごい負け方をしたので
放送できなかったのではないか…そんな感じがします。

テレビ放送終了直前のダイジェストで流れていたシュルトのひざは
ホーストの顔面、鼻に直撃。
ホーストの顔が陥没したかのようにつぶれていました。
もしかしたら、その後、意識不明→病院直行…となって
あまりの壮絶さで試合放送不可能になったなんてことはないでしょうか。
4タイムスチャンピオンのホーストのこれまでの「K」での貢献に対して、
あまりに凄惨な試合だったので主催者側が放送を控えたのではないかということが
あのシーンを見ていて頭をよぎりました。

「KIDvs元気」の試合は、確かにKIDのカウンターはドンピシャで
元気の顔面を捕らえ、その後パウンドに即移動しましたが、
カウンターはタイミング的に入っただけで大きなダメージもなかったようですし、
パウンドも止める直前の1発以外は、元気選手が全部防いでいたように見えました。
実際、止めた後も、元気選手は全然ダメージがなかったようですし…。

あのレフェリーストップは、どう見ても
主催者側がKIDに勝たせたくて仕方なかった…と見受けられました。
その裏側で同時間帯に放送された「五味vsマッハ」に比べ、
あまりにもストップが早すぎたと思います。
元気選手は、あの後に一瞬の切り替えで関節技に移行するタイプですので
彼のよさがまったくいかされることなく、
試合を無理やり終えられてしまったという感じではないでしょうか…。

うーん、宇野薫戦でのレフェリーストップとともに、とても残念です。

<PRIDE男祭り>
全体としては、K-1ダイナマイトより、全然よかったと思います。
ただ、やはり、金子賢の試合をテレビ放送したり、
最後になんだかわからないダイジェストを放送するくらいなら、
ミドル級タイトルマッチ「シウバvsアローナ」は、
2Rをカットしないで3Rすべて放送してほしかったと思います。

テレビ放送ではシウバが有利なラウンドしか流れなかったのですが
2Rは聞くところによるとアローナが圧倒的にリードしていたようで
実際の判定はもっと微妙だったということらしいのです。
テレビでは、シウバの強さだけを意図的に放送しようとしていたという
疑惑が生じかねないと思います。

「吉田vs小川」は、確かに緊迫感はものすごくありましたが、
ヘビー級の最高峰の試合かというと、そうは思えませんでした。
その前の「ミルコvsハント」「ヒョードルvsズール」の
ヒョードルやミルコ、ハントに比べるとパワーやスピードが
まったく違っていて、1.5戦級の試合のように感じられました。

もしも吉田をヘビー級戦線のトップにしたいというのなら
もっと技のスピードを身に付けないと、ヒョードルやノゲイラには
まったく歯が立たないのではないでしょうか…。
日本人選手としてぜひ頑張ってはほしいのですが。

以上、ざっと書きましたが、
まだまだ個々の試合や選手について、全体的な感想がたくさんありますので
機会を見て続きを書きたいと思います。

Comment

MYL
初めましてです!いろんなプログ見てたら辿り着きました!
なんかいきなりであれなんですけど、私と全く意見が同じです!笑
ヨッシー
MYLさん、はじめまして。
もしも(絶対にありえないのはわかっていますが)K-1とPRIDEが
仲直りして大晦日興行を行なったら、
本当にすごい夢の豪華カードが続出するでしょうね。

そうすれば、くだらないカードやショーもなくなるのに…(笑)
Comment post





 管理者にだけ表示
Trackback
http://yosi5671.blog11.fc2.com/tb.php/225-55521610
年末のベストバウトは五味VSマッハ戦。これに尽きる!興奮をありがとうそして・・・修斗よありがとう!なぜ?それは修斗ウェルター級チャンピオンズシップ対ハンセン戦
一昨年は20・1%を記録し、民放の大みそか番組で初の20%超えをしたTBS系「K
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。