--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06/17 : トップ10との力の差を乗り越えるには?

夕べの日本vsメキシコ戦、
今の日本の現実を見せつけられた気がします。

パスの精度、トラップの技術
パスするまでのスピードと視野
パスに対するチーム全体の連動性、
1対1の強さ、
オフザボールの動き出し
フリーになるための技…

すべてメキシコのほうが上だった。
確かに日本はW杯最終予選の直後で
肉体的にも精神的にも疲労のピークだったのでしょうが、
あと一歩のところの差は、かなり大きいと感じました。

そんな中で、今回は加持の動きが良かったのが
日本代表にとって、一筋の光明だったと思います。

中村俊輔は腰痛のせいか、試合の最初から、
状況判断もボールキープも残念ながらさえませんでした。
とくに1対1の場面で、あれだけボールを奪われたら
チームのリズムも狂ってしまうかもしれませんね。

中田ヒデは、ボランチの位置のほうが
私はチームにとって有意義なのではないかと思いました。
前半は高い位置でのパスカットしてからのスルーパスなど
前向きの気持ちが前面に出ていましたし、
それがチームに勢いを生んでいたと思います。

しかし、後半に入って、とくにトップ下に入ってからは
消える時間が増えていたように感じます。
もちろん疲れと、相手のプレッシャーの強さもあるのでしょうが、
ヒデのダイレクトパスが不発のとき、
何度か相手のボールになり、
ボールキープのリズムが崩れたような気がします。
チームが立ち直りかけていこうとする時間帯では
常にダイレクト優先ではなく、
もう少し、ボールキープのプレーも
あってよかったと思いました。

もしヒデがトップ下を今後もするなら、
やはりワントップ、2シャドーにするか
もっとチーム全体の連動性を構築する必要が
あるのではないでしょうか。
ヒデのパスは強くて早い世界基準ですから、
そのタイミングをチームが体で覚える
必要があるように感じました。

次はギリシャ戦ですが、
俊輔はコンディションは大丈夫なのでしょうか。
もし体調が難しいようだったら、
本山を小笠原と一緒にトップ下に使うのも
非常に効果的なのではないかと思います。

次の
日本vsギリシャの
テレビ放送時間は
日本時間で、
20日AM0:50~(19日深夜)
TBSテレビ

ですね。

そして
日本vsブラジルは
日本時間で
23日AM3:35~(22日深夜)
フジテレビ

ですね。

さあ、今度こそ勝って、
なんとかベスト4に進んでほしいものです。
一緒に長く戦えば戦うほど、
今のチームにとってプラスになると思いますから。

がんばれ!

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示
Trackback
http://yosi5671.blog11.fc2.com/tb.php/22-1ead5c4d
ジーコ「メキシコ戦だけでなく、全部の試合で勝ち点3をとりにいく」讀読新聞「意気揚々と乗り込んだコンフェデ杯が、ちょっと霞んできましたが」ジーコ「勝てないことはないんだ」讀読新聞「勝てなかったことの自覚が必要なのでは?」ジーコ「宮本の言うとおり、すごく強い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。