--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06/16 : K-1の次は、PRIDE GP 2nd  Round

K-1 GPの開幕戦(9/23)で
「ボブ・サップvsチェ・ホンマン」の
一戦が内定したそうですが、
さすがK-1、次の手が早いですね。

ジャパンGPでの両者の試合結果を見て、
このカードをすぐ決定する英断は
谷川プロデューサーの先を見る目の確かさなのでしょうね。

あのチェの膝蹴りを見てしまったら、
グランプリの目玉になるのは間違いないですからね。
二人の闘いは、話題になること必至ですね。

さて、それに対してプライド。
私はストイックに総合格闘技を極める姿勢が好きです。

6月26日の「PRIDE GP 2nd Round」は
楽しみなカードばかりですもんね。

<PRIDE GP 2nd Roundカード>
桜庭和志vsヒカルド・アローナ
中村和裕vsヴァンダレイ・シウバ
マウリシオ・ショーグンvsアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ
イゴール・ボブチャンチンvsアリスター・オーフレイム

<スペシャルワンマッチ>
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラvsパウエル・ナツラ
セルゲイ・ハリトーノフvsペドロ・ヒーゾ
瀧本誠vs田村潔司
ミルコ・クロコップvsイブラヒム・マゴメドフ

GPのカードももちろんすごいけれど
ワンマッチのカードが興味深いですね。
ノゲイラとナツラ、ハリトーノフとヒーゾ、
瀧本と田村、そしてミルコとマゴメドフ。

未知のナツラの実力
ハリトーノフの進化具合
天才同士の日本人対決
そしてヒョードルとの対戦前のミルコ

…どれも、新鮮で格闘技ファン心をくすぐります。
DSEさんのツボを押さえたカード作りと
発表のタイミングには参りますよね。

ぜひともミルコにはスカッとKO勝利を収めてもらって、
8月のフョードルとのヘビー級タイトルマッチを
今度こそ必ず実現させてほしいものです。

そして、その勝者と(私はミルコに勝ってもらいたいのですが)、
大晦日にvsヒクソン戦を見てみたいものです。
正月の初夢の前に、正夢になってほしい~!!

(でも、ヒクソンとやるなら、ヒョードルのほうが
勝つ可能性が高いかもしれませんが…。
その前にウェイトの違いをどのように調整するのでしょうか。
ヒクソン側がどういってくるか興味深いです。)

Comment

Alex
ヨッシーさんは格闘技好きなのですね~。
私も数年前、埼玉にプライドを見に行ったことが。
今は大晦日にテレビで見る程度ですけどねー。
ヨッシー
スポーツは何でもすきなのですが、
とくに格闘技とサッカーが
私のフェイバリットスポーツです。

自分がやるほうでは、
今ピラティスにはまっています。
相当、新陳代謝が良くなりました。
冷え性もなくなりましたよ~。

でもAlexさんがPRIDE見に行ったことがあるなんて、
驚きです。新鮮です。

Comment post





 管理者にだけ表示
Trackback
http://yosi5671.blog11.fc2.com/tb.php/20-cec883a4
▲「何見てんのよ」と言わんばかりご存知、曙太郎が、韓国相撲(シルム)元横綱崔洪万と、戦うことが、正式決定しました。そういえば前回3月に彼に負けたあと、曙が吐いた言葉…。「早く借りを返したい。前回の負けは事故だよ」地元ハワイでまたぺちゃり、と負けなければい
シルムシルムは朝鮮半島の格闘技。固有語なのでシルムの漢字表記は存在しない。二人の壮士(チャンサ:古来よりシルムにおける競技者の呼び名)が、組合った状態から投げを打ち合って勝敗を競う。日本では大相撲にたとえられ朝鮮相撲、韓国相撲とも呼ばれることがあるが、大
曙太郎曙 太郎(あけぼの たろう、1969年5月8日 - )は、アメリカ合衆国ハワイ州出身の第64代横綱で、外国人初の横綱。東関部屋。現在はK-1選手。1996年日本に帰化し、本名も四股名と同じ曙太郎を名乗る。旧名はローウェン・チャド・ジョージ・ハヘオ (Chad George Haaheo R
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。