--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/19 : シュルトの強さ、やばいよK-1

シュルト選手、K-1優勝しちゃいました。
強すぎます。


あの強さは、だれも止められないでしょうね。
とくに、正統派の立ち技ファイターのほうが
何もできないかもしれません。

対戦相手が、じっくりとシュルト選手を見て、
彼の攻撃をかわそうとアウトボクシングをすれば
それこそ彼の思う壺にはまってしまうし、
インファイトをすればヒザが飛んでくるし…。

巨体で、パワーがあって、しかもスピードがあって
さらにテクニックが最高レベルに達している選手には、
正統派のファイターでは勝つ確率はゼロに高いのでは。

逆に、もしかしたらパワーファイターのような選手のほうが
圧力をかけつづけることができれば
一発のラッキーパンチで勝つ可能性が、
ほんのわずかですが、あるかもしれないです。

たとえばチェ・ホンマンやボブ・サップ。
1Rのスタートで玉砕戦法で圧力をかけ、
手数を出すうちの一発が当たることがあれば…
あくまでもあれば、もしかして…。

うーん、今回、ボンヤスキーがK-1のテクニックで
ホンマンに勝ち、Kの奥深さを証明することを望んでいたのですが、
逆に、GPが終わったら、ホンマンとサップに
今後のK-1が盛り上がるための
希望を託すことになるとは思いもしなかったです…(笑)。

シュルト選手は、まさしく史上最強のチャンピオンですね。
考えてみたら、今までK-1のリングに
シュルト選手が登っていないで
ずーっとグランプリ王者を決めていたわけですから
これまでのK-1のチャンピオンは、
仮のチャンピオンだったといえるのでしょうか…。

では、誰が彼に勝てるのか、
立ち技だけでは、どこにもいないかも。

シュルト選手はPRIDEでは、
すでにセルゲイ・ハリトーノフ選手に負けていますが、
そのときより動きが今回はシャープになっている感じがします。
ぜひ一度、PRIDE王者ヒョードルと、
ふたつのチャンピオン対決として
雌雄を決してくれたら最高なのですが…。

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示
Trackback
http://yosi5671.blog11.fc2.com/tb.php/186-d3a98081
K1GP決勝を地上波で放送された順番に感想を書くぞ1.ボヤンスキーVSホンマン・・・ボヤンスキー勝利と思ってたけどKOで勝って欲しかったが勝ったから良い2.バンナVSアーツ・・・バンナに勝って欲しかったがアーツの方が優勝の有無の差か分からんけ....
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。