--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/25 : 宮古の旅16 「八重干瀬で、サンゴにまったり1」

八重干瀬ツアーの
「ポイントその1」は
紫&青系サンゴの森!


yabiji4.jpg
水深1.5mくらいの浅瀬に、エダサンゴやテーブルサンゴがところ狭しにひしめき合う。サンゴは元気に
育っているので、干潮時のスノーケリングは十分に注意しないと、サンゴをフィンで蹴ってしまうかも…。


yabiji1.jpg
緑がかったコバルトブルーのすぐ下には、珊瑚礁が船の上から透けて見える。太陽の陽が射したときの
青き透明感は、本当にたとえようがないほど美しい。さて、この下にどんな風景が待っているのか…。



宮古の旅の目的のひとつに、今回は「八重干瀬の珊瑚礁」を見ることがありました。ビーチエントリーでは絶対に見ることができない、サンゴ、サンゴ、そしてまたサンゴの森を死ぬほど味わって見たかったからです。

幸いにも、台風は宮古を直撃しなかったので、滞在3日目、八重干瀬のスノーケリングツアーは無事、開催。私がお世話になったのは、「マリンハート宮古島」です。

朝、10時30分に池間島の売店に集合した後、港に向かい、ふたつのボートに分乗して、八重干瀬へと出発。真っ青な海、濃紺の海、エメラルドブルーの海、クリアブルーの海、いろんな青の海の上を、波を飛ぶように船は突き進んでいきました。

そして、1つ目のポイントに到着。
海に入った途端、
目の前はサンゴの山。
会えてよかった~!


yabiji3.jpg
ポイント1では、ウエットスーツ着用を義務づけられたため、潜ることができず、
動きも不自由なため、自分が思うよなタイミングで写真がまったく撮れなかった。


yabiji2.jpg
八重干瀬に向かう途中、池間大橋の下を船は通過。このあたりは浅瀬で、海中の
岩やサンゴの陰がそのままグラデーションとなるため、本当に海の色がきれい。


yabiji6.jpg
サンゴのお花畑の中に一家族だけ、クマノミがイソギンチャクの中で暮らす。


八重干瀬のリーフが近づくと、水の下に、美しい珊瑚礁が透けて見えます。水面下、たぶん1.5mくらいでしょうか。気がつくと、「ワー!」船のまわりがリーフに囲まれていました。早く、海に入りたいヨ~。

1本目は、安全のために着用が義務づけられたウエットスーツを15年振りに着て、スノーケリング。

なんなんだ、この窮屈さは。からだが全然、思うように動かない! 水中に潜ろうとして、頭から真下にダイブしても、腰から下が水の上でバタバタ状態、で浮いたまま。きれいな珊瑚が真下にあって、頑張って近づこうとしようとも、どうにもならない。

というわけで、1本目は、欲求不満爆発のままスノーケリングを終えました。泳いでいる人たちを観察してみると、八重干瀬ツアーの参加者のほとんどは、スノーケリングの初心者で、潜ったりする人は皆無に近いようです。そのため、安全を第一に考えてウエットスーツの着用を義務づけているようでした。

でも、これじゃあ、わざわざ八重干瀬のツアーに参加した意味がまったくないです(泣)。
スタッフにお願いして、クラゲ&保温対策として「長袖のラッシュガード」と「スノーケリング用のロングパンツ」を着用することで、2本目はウエットを脱いでもよいという許可をいただきました。

その結果、2番目のポイントでは、めくるめくような極楽のスノーケリングを味わうことができました。やっぱ、スノーケリングは「自由」でなくちゃ。ね。

Comment

ゆうき
わたしも、潜らせてもらえないと、ものすごく不満(- -;)

プカプカ浮いてるだけなんて、我慢できないよ~~

もし、八重干瀬ツアーに行くなら、事前にこれだけは
確認しないといけないですね。

だけど、こんなこと思いもしなかったです。
ヨッシーさんのお陰だ~(^o^)/

それにしても、八重干瀬はめっちゃきれいですねぇ。。。
ヨッシー
まるで蛇の生殺し状態でした~。
それとも、まな板の上の鯉かな…(笑)。

でも、ツアーの場合、2~3人のスタッフで、
大人数の安全を確保しなければならないので、
ちゃんとしたツアーであるほど、ウエットスーツはかなり義務づけられているみたい…。

ドーンと、船をチャーターできれば一番いいんですけれどね…(笑)。

続いてアップする予定のポイント2の八重干瀬は、もっと珊瑚がきれいでしたよ~。
ゆうきさんも、ぜひ、お楽しみに~。
はぴこ
私も初めて八重干瀬でシュノーケリングした時はウェット着用でした^^;やはり蛇の生殺し状態(笑)あれはいただけませんね。。。せめてウエイトでもつけさせてくれればいいんですけど。
貸切といえば、和○丸というショップがほぼそれに近い形態でツアー行ってますよね。
ヨッシー
はぴこさん、宮古からお帰りなさ~い。

私もウエットを着るのなら、ウエイトをつけさせてもらえるかどうかを申し込み時に電話で聞いたのですが、
「泳力を見てみないと何ともいえないので、最初は必ずウエットを着ていただきます」という返事でした。

私の率直な感想としては、八重干瀬ツアーは
どちらかというスノーケリング初心者をターゲットにしているのかな…と感じました。

吉野での初スノーケリングのように観光の延長にある感じがしました。
自分の目的に合うツアーを行なうショップを探すのがけっこう大変なのかも…。
Comment post





 管理者にだけ表示
Trackback
http://yosi5671.blog11.fc2.com/tb.php/162-366666fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。