--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/15 : 宮古の旅6 「奇跡のサンゴの楽園を残したい」

引き続き「秘密のポイント1」の
サンゴの美しい写真をどうぞ。
吸い込まれるようなブルーでしょ!


loup7.jpg
白砂の海底に、サンゴの根がポツンポツンと点在する。根から根へとをハジゴしながらスノーケリング
していると、あっという間に時間は経過。日焼けに注意したい。私は今回、日焼け防止ウエアを導入。


loup10.jpg
雲が切れ、太陽の光が海中に射し込む瞬間。水中で水泡がきらめき、サンゴは嬉しそうに輝きを見せる。
あー、美しい。もう、全身が幸福感でいっぱいになって、何時間でも水面を漂っていたくなってしまう…。


loup20.jpg
緑の草生い茂る道を進んでいった先に、透明ブルーの海と、白い砂浜が目に飛び込んでくる。
シャッターを押した瞬間に、カップルがファインダーに飛び込んできたのは、まあ許しましょう(笑)。



前回、阿嘉島ニシハマの海でスノーケリングに熱中しすぎたため、ふくらはぎが真っ赤に日焼けして、生まれて初めて足が1週間以上浮腫むという悲惨な経験をしたので、今回は日焼け防止の新兵器(笑)を持ち込みました~。

さて、その効果は…。
上は濃い目の色の長袖ラッシュガード。さて、下をどうするか。ウェットじゃあ、身動きできなくなるし、潜れなくなるし…。競泳用のタイツはピチピチ(笑)でかっこ悪い。いろいろ探したあげく、ついに最高のウエアを発見しましたよ。

新宿南口のヴィクトリア・アウトドア用品館の最上階マリンショップに売っていました。
足首まである長ズボンタイプの1.5mmのウェット風素材で、生地に水が抜けるための穴がところどころに開いていて(二重生地の1枚に穴が開いているので表面に穴はない)、ある程度、保温性もある優れものです。

今回、初めて試してみて、感動!!
潜るのに、ま~ったく邪魔になりません。
軽いし、動きも、何にも履いてないときと全然、変わらない。ウェットを着たときの、あの締めつけられるような息苦しさが、ちっともありませんでした。

すごい、すごい。
これで、日焼けも、ハブクラゲも、もう心配なし。
強い太陽の下でも、思い切りスノーケリング三昧できますよ~(笑)。


サンゴの海を漂っていると
肉体のつかれとは反対に
心はどんどん軽くなっていく


loup21.jpg
なぜ、こんなに色とりどりのカラフルなサンゴが生まれるんだろう。美しさに見とれ何時間も泳ぎ続ければ
からだは確かに疲れていくのだけれども、心は逆にどんどん…軽くなって、エネルギーが満たされていく。


loup2.jpg
新たなサンゴも一生懸命に光に向かって枝を広げ、そこに魚たちも集まってくる。

loup18.jpg
奥の岩の下に映っている影が、まるで水上を「牛」が列をなして歩いているように見えませんか?
写真を見たとき、「あれ? 牛が何十頭も水の中を歩いている」と思わず、笑ってしまいました。



「秘密のポイント1」は、いかがだったでしょうか。
じつは、この奇跡のポイントより、さらに生きた珊瑚の群生が味わえるのビーチが宮古にはあるんです。それがお隣のビーチ、「秘密のポイント2」なのです。ここは最終日に潜ったのですが、本当に最高の海でした。

今後、「秘密のポイント2」も、吉野海岸、シギラビーチ、保良漁港横ビーチ、八重干瀬ツアーのスノーケリング写真とともにアップしていきますので、どうぞお楽しみに。

Comment

ゆうき@沖縄box
ヨッシーさん、こんばんは♪

あ~~、ほんとに素敵な写真。。。
枝珊瑚たちが、かわいくて仕方ないですね。

それなのに、こんなきれいな珊瑚の上に乗る人がいるなんて、悲しい。
誰かに教えられなくても、わかるものだと思うんですけど。。

わたしも、ここで泳いだんですけど
、その日ビーチにいたのは
2~3組だけだったので、餌付けや珊瑚に乗ってるような人は
見かけませんでした。

このすばらしい海、ずっと残していきたい。

というか、シギラも潜ったのですか?
わたし、長間浜の後、シギラに行こうと思っていたのだけど、
長間浜に長居しすぎて、行けなかったのです。

写真楽しみにしていますね♪

日焼け防止ウエアいいですね(^^)
わたしは、足だけ異様に日焼けしてます(^^;)



ヨッシー
ゆうきさん、こんばんは。
シギラは、シギラと名のつく場所が広すぎて、
しかもイムギャーをはじめ岩の風景がどこもかしこも似ていて、
教えてもらっていたポイントを探し出すのに苦労しました(笑)。

以前、観光用の橋がかかっていた場所で、
現在は大破してその残骸だけが残されているところなのですが、
今は誰も近寄らないせいか、すごく哀愁が漂っていましたよ(笑)。

話では、テーブルサンゴが群生しているということだったのですが、
そのポイントは見つけることができませんでした。
でも、深さが3mくらいあって、リーフ内で流れも波も穏やかなので
スノーケリングには適している環境だと思います。

ただ、いかんせん、人気がいなさすぎて、さびしすぎる~(笑)。

もちろん、今後、シギラの水中写真もアップしていきますよ。
どうぞ、お楽しみに。
Comment post





 管理者にだけ表示
Trackback
http://yosi5671.blog11.fc2.com/tb.php/150-33408fb2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。