--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/12 : 宮古の旅3 「サンゴの楽園、池間島」

台風一過で快晴のもと
池間島の海へ出発!


miyako18.jpg
池間島に渡って、すぐ右にある売店の屋上展望台から北の海を臨む。屋上からでも海が透けて魚が見える
ほどの透明度。青と緑のグラデーションは美しすぎ。スノーケリングに行くことも忘れて見とれてしまう(笑)。


miyako6.jpg
台風後で少し水が濁っていても、この美しさ。池間大橋と海のコントラストは、何度見てもため息が出て
しまう。まるで、別次元へのトビラを開ける橋を渡っていくかのような錯覚を覚えてしまう…。

台風は、寝ている間に通過。
起きてみたら、風は強いけれど、空には青空が広がっていました。「さて、どうしようか」と迷いましたが、台風は、宮古島から見て南西に去っていったので、波と風の影響が比較的少なそうな北東方面に位置する池間島の海に向かうことにしました。

これが大正解でした。
台風の翌日は、たとえ晴れていても波と風が残っていて、海に入ることはできないと地元の人に言われていたのですが、多少の海の濁りと波はあったものの、ちょうど干潮時間と重なって波も次第に穏やかになっていき、スノーケリングで快適な午前と午後をビーチで過ごすことができました。

miyako7.jpg
池間島の真ん中にある、池間大湿原。もともと海とつながっていたが淡水化してから、
野鳥たちの貴重な楽園として存在している。アクセスする道が見つからなかった。


そうそう、池間島の売店で手作りで売っていた「紅芋もち」、とってもおいしかったです。中のもちもちとした食感と、まわりの胡麻の芳ばしさ、そして自然の甘味が私の好みに、まさにぴったり。またひとつ、宮古島に行ったら必ず訪れなければならない場所が増えてしまいました(笑)。

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示
Trackback
http://yosi5671.blog11.fc2.com/tb.php/145-93f58177
宮古島観光その6。お昼を過ぎて、我々は池間島へ渡った。全長1425mの池間大橋。両側にエメラルドグリーンの海が見えて、わき見運転したいくらい気持ちの良い橋だ。橋を渡ると池間島。雰囲気はすっかり離島。今は漁村集落が残るだけだが、明治時代に愛媛県からカツオ..
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。