--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/19 : 中田英寿プレミアデビューはどうだ。

今日、録画してあった
ボルトンvsマンチェスターCの
プレミアリーグを見ました。

中田英寿が後半11分、ついに
プレミアデビューを果たしました。

水曜日にUEFAのカップ戦に出たので
出ないかなあとも思いましたが
もしかしたら…と録画しておいてよかった。

感想としては、後半39分のフリーでの
左足のダイレクトシュートを
決めておきたかった…ということですね。

あそこで決めたのと決められなかったのでは
プレミアの印象がまったく違ったと思うのです。
決めていれば、セリエAのペルージャでのデビュー
先日の中村俊輔のセルティックでのデビューと同等に
イギリス国内での大きな反響を呼んだのに…。
うーん、残念ですね。

でも、そういえば中田ヒデの公式戦での得点シーンを
しばらく見ていないような気がします。
日本代表戦でも、セリエAの試合でも
公式戦で惜しいシュートを
ヒデ自身が残念がるシーンの記憶はあるのですが、
シュートを決めて喜んでいる場面は
2001年のコンフェデ、2002年のW杯、2003年のコンフェデ
くらいしか思い出せないのですが…。
もちろん、それ以降もあったはずなのですが…。

もしかしたらフィジカルのコンディションと、
試合感と、そしてシュートの感覚が
ちょっとヒデの中でずれているのかも知れませんね。
まだまだヒデ本来のの実力からしたら
今回のデビュー戦の点数は「5.5」くらいでしょう。

ちょっと辛口の採点かもしれませんが、
ヒデのプレミアでの活躍と
日本代表での復活を期待しているので
ぜひともコンディションを取り戻して
W杯に向けて日本を引っ張っていってほしいものです。

かつての前園真聖のようなことだけにはならないでほしい…。
(彼は本当に天才だったと思う。好きだったのになあ…)

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示
Trackback
http://yosi5671.blog11.fc2.com/tb.php/127-b499193f
ボルトンは開幕から4試合で3勝1分けという好調をキープしてこの試合に臨んだ。そしてこのマンチェスターシティー戦の56分、ついに中田英寿がピッチに登場し、プレミアリーグのデビューを果たした。プレミアリーグでのプレーは稲本、そして戸田に次いで日本人としては3人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。