--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/10 : 前田日明の総括は、少し変じゃない?

HERO’Sの須藤元気選手の戦法を
前田日明が批判していました。
なんか、的を得てない感じです。


「あと、(須藤)元気クンの戦法なんですが、あれが行き過ぎるとどうなのかなと正直思いましたね。相手のミスを誘って、相手がバランスを崩したところで攻撃をする。」
「1から10までアレになると「ちょっとキミ、それはズルイんじゃない」と言いたいですね。自分は選手経験者なんで、選手の立場になって考えると、ああいう戦い方をされると「ちょっと、どうなのかな」って思いますね、正直な話。」(抜粋)
(→スポーツナビ

というような話を大会が終わったあとの統括として、
けっこう何度も繰り返し語っていました。
きっと前田日明にとっては、須藤元気の戦い方は
気に入らなかったんでしょうね。

でも、トーナメントで負けが許されない大会で、
膝に故障を抱えていて真正面から戦うことが出来ない選手に対して
試合が終わったあとにマスコミに対して言う内容ではないと思います。
本人に言うだけにとどめておく言葉だと思います。

もともと元気選手の戦法は
トリッキーなところが売りだったはずですし
K-1もトリックスタートしての彼の人気を
テレビの売りのひとつにしていたはずです。
それを否定する形で、元気選手を非難するのでしたら
最初からトーナメントに選ばなければ良い話ではないかと
記事を読んで思いました。

そうでないのなら、選考した時点で
「この大会は、これこれこうゆう大会だから、
いままでの須藤選手の戦い方では困るから、
アグレッシブに真正面から戦いなさい」とまず伝えて、
そのオファーに対して、元気選手が納得できない場合には
「選考しない」というのが本来の筋のような気がします。

きっと、見ている人は元気選手の戦法を
「卑怯だ」なんて思っていないと思うのですが…。
前田さん、ちょっと変ですよ。
ただ、「元気選手が嫌いなだけ」なのではないかと
思われても仕方のない発言だったと思います。

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示
Trackback
http://yosi5671.blog11.fc2.com/tb.php/123-c81d6dd7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。