--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06/10 : 本当のスピリチュアル・ライフって…?

私は今からおよそ10年前、
「スピリチュアル」といわれている
精神世界に初めて触れたとき、
ようやく自分が心底やすらげる居場所を
見つけたような気がしました。

仕事に疲れ、人間関係に疲れ、
自分の人生が思うように進まなくなっていたとき、
精神世界こそ、自分を救ってくれる
人間が生きる本来の世界だと思ったのです。

精神世界を追究し、それを世界に広めていけば
自分を癒し、世界を癒すことができると思っていました。

しかし、約10年間の旅の途中で
自分の外側に癒しを求めたとしても
そのほとんどは一過性のものでしかない
ということに気づいていきました。

どんなに
たくさんの本を読んで知識をためても
セミナーに参加して気分が高揚しても
人の話を聞いてわかった気になったとしても
それはその瞬間だけ満たされるだけで
私の魂が望んでいた究極的な癒しが
訪れることはありませんでした。

私の心の奥底には、
何かもやもやとした混沌がぐるぐる絡みついていて
とても重苦しい感覚がいつでもソコにいて、
私の心と体をきつく縛りつけているかのように
ちっとも動き出すことができませんでした。

満たされない心を芯から癒しきること、
細胞の奥深くDNAに染み込んでいた
虚無感・絶望感をなくすことはできませんでした。

私はいつか、どこかで、何らかの方法により
「私の心を満たしてくれるはず」
「私の不安を解消してくれるはず」
「私の葛藤を解決してくれるはず」
「私の寂しさを喜びに変えてくれるはず」
「私の悩みに答えてくれるはず」
…と、
自分の外に、私を救ってくれる奇跡を
ずっと探しつづけていたのだと思います。

私はこの世界のどこかには、
すべてを癒す何か最高の真理があって、
それさえ知ることができれば、
永遠の安らぎを得られると思いたかったのです。

そして、私はそれを精神世界に求めていたのです。

人はそれを
信仰に求めるかもしれません。
哲学に求めるかもしれません。
恋愛に求めるかもしれません。
家族に求めるかもしれません。
仕事に求めるかもしれません。
お金に求めるかもしれません。
成功に求めるかもしれません。
趣味に求めるかもしれません。
ネットに求めるかもしれません。
セックスに求めるかもしれません。
スポーツに求めるかもしれません。
社会運動に求めるかもしれません。
競争に求めるかもしれません。
暴力に求めるかもしれません。
戦争に求めるかもしれません
……。

しかし、どんな対象を選んだとしても
それが自分の中にある何か根源的な渇きを
解消するための行為であり続ける限り
「代償行為」つまり「依存行為」にしか
過ぎないのだと思います。

逆に言えば、
自分の中にずっと存在し続けている何か根源的な渇き、
その恐れがいったい何者なのかを思い出すために、
私はさまざまな依存的体験を
繰り返してきたのかもしれません。

その繰り返しの中で
私の魂はいつでも、
どんなときにでも
叫んでいました。

「これじゃない!」と。
「私が本当にやりたいのはこれじゃない!」と。

私の魂が求めていたもの
それは
魂の自由でした。

Comment

ヨッシー
こんにちは。
トラックバックしていただいた湖南さんのブログ拝見いたしました。
いろいろな体験をされているんですね。

ちなみに今の私は、
「精神世界」とニュートラルに接していて、自分の内面を見つめるためのツールとしてとらえています。

私は、今でもさまざまなことに悩んでいますし、満たされない感覚は残っています。
でも、それを解消するために生きていたら、人生はいくらあっても足りないし、
肉体をもって3次元に存在する意味がないのではないかと思うに至って、
自分の本心に嘘をつかないで日々を過ごそうと考えています。

それは、「瞬間瞬間を全力を出し尽くして生きること」に対してコミットメントし、
葛藤を抱えたままの自分さえ認めて全肯定して生きることのほうが、
私の魂が求めている自由の方向に近く、人生を真剣に楽しむことができるようになるのではないかと思ったからなんです。

で、今はそうやって、悟ることが目的ではなく、何かになるのが目的ではなく、
常に自分の本質と向き合って、今この瞬間を生ききろうとしている真っ最中です。

さて、どうなりますか~。
自分でも、この先が楽しみなんですよ。じつは…。

私の地球上での「魂の旅」はまだまだ続きますが、
ブログのほうはこれからが始まりです。

私は、なるべく一般的な言葉を使うことで、
スピリチュアルな世界から特別意識をなくして、
現実世界に近づけたいと思っています。
なぜならそれは何も特別な世界だとは思っていないからです。

精神世界の話は表現が独特で、その単語を使うと、
文章の表面上はすごいことを言っているかのように見えたり、
私がさも精神世界の深を理解しているかのように見ええたり場合があると思うからです。

でも、それを使わないで文章にするとなると、
言葉を選ぶのがとっても大変ですね(笑)。

まだまだ、道の半ばというか、スタートしたばかりで未熟者ですが、
これからもよろしくお願いいたします。
ぜひまた遊びに来てくださいね。
Comment post





 管理者にだけ表示
Trackback
http://yosi5671.blog11.fc2.com/tb.php/12-1915e278
◎神秘体験なんてうそっぱち最近クンダリーニ覚醒なんか書いて、神秘体験を推奨しているのではないかって?決してそんなことはありません。神秘体験でも、神の側の体験というのは、自分という人間がするものではないから別だけど、人間の側から体験する神秘体験は、普通の日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。