--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/07 : 何とも大雑把な試合だった

収穫は、2点差のビハインドから
逆転したことと
FWが点を取ったこと…


今日の日本vsホンジュラス戦の
日本サッカー代表の試合は5-4で勝ったけれど
なんとも歯切れの悪い試合でした。

まず、立ち上がりが悪すぎました。
前半の左サイド、三都主と宮本、中田浩二、稲本の
ディフェンスの連携はまったくダメでした。

とくに、三都主に関しては早く新しい人材に代えてほしい…
その思いだけで前半は見ていました。
いらないファールとディフェンス力ないDFでは
世界と戦えないことは明らかになったと思います。

そして、中田英寿の出来も悪かったと思います。
とくに後半の25分過ぎくらいからは
足がピタッと止まって、ボールに体を寄せることが
まったく出来ませんでした。

私はヒデのファンなのですが、
今日のような状態で90分フル出場させるのは
他のメンバーにとって良くないと思います。
前半ロスタイムのミスによる失点といい、
後半の終了間際の後ろからボールを取られたシーンといい、
中田らしくない不注意なプレーがたくさん見られました。

試合感のなさとフィジカルのコンディションに
まだまだ問題があるのが明らかだったと思います。
いまのままだとボルトンでのレギュラー確保は
残念ですが難しいといわなければならないと思います。
もっともっとコンディションを上げる必要がある気がします。

今日の試合で光ったのは中村、柳沢、高原と
途中出場の小笠原の4人なのではないでしょうか。
欧州組3人はすでにシーズンが始まって
コンディションも上がっているため
まあまあの動きを見せてくれたと思います。
高原は久しぶりに玉際の強さが見られましたよね。
代表の試合後、今日のような笑顔の高原は
本当に久しぶりに見た気がします。

今回の課題は、ディフェンス。
とくに速いサイド攻撃に対する防御でしょうか。
一対一ではほとんど負けていました。
それとボランチとDFとの連携。
ラインの押し上げの足りなさも気になりました。

もちろん、最大の課題は左サイドバックの守備をどうするかです。
この補強はずっといわれつづけていますが、
本当に早急に今度こそ手をつける最優先課題だと思います。
中田浩二、もしくは今野、相馬あたりをぜひ試してほしいものです。

世界の強豪は、必ず三都主のサイドを執拗に狙ってくるでしょうから
手遅れになる前になんとかしたいものです。
三都主に見切りをつける時期が来ているのだと
今日の試合でつくづく思いました。

ただ、2点のビハインドを3回跳ね返した力は大したものですので、
そこには自信を持って、次の東ヨーロッパ遠征も
がんばってほしいと思います。

遠征では、ヨーロッパ組での松井と小野の活躍を
とても楽しみにしています。

Comment

Comment post





 管理者にだけ表示
Trackback
http://yosi5671.blog11.fc2.com/tb.php/119-2dded3b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。