--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05/27 : セイシェルの旅2 「遠かった。でも、青かった~!」

<プララン島にて>
sayshel3.jpg
プララン島の北にある「アンセ・ケラン」。

草が生い茂った細い道をクルマで進む。
行き止まりから10分くらい歩けば、そこに誰も訪れない、
最高のプライベートビーチ「アンセ・ケラン」が現われる。
海も砂浜もその美しさは例えようがないほど。
ただ外洋に面しているので波が高く、
水中で珊瑚のカケラが当たると痛いッ!(笑)
どこまでも続く青い海が、そのまま空とつながっている。
でも、珊瑚はまったくなくて、サカナもいないので、
アンセ・ケランはスノーケリングには向いていない。

sayshel5.jpg
セイシェルの夕日ではなく、夜明け。宿泊ホテルのベルジャヤ・プララン・
ビーチ・リゾートのあるプララン島「アンセ・ボルベール」ビーチにて。


sayshel7.jpg

sayshel6.jpg
プララン島にはリゾートホテル以外に、かわいいペンションや素敵な
レストランが自然の中に点在する。写真は島の南西、ココデ・メール・
ホテル近くのレストラン。そして、島のビーチではたくさくの犬たちが、
のんびりとくつろいでいる。すごく人なつこくて、ほえることもない。



<プララン島から、空路マヘ島へ>
sayshel9.jpg

sayshel8.jpg
まるで地方の駅舎のような、かわいらしいプララン島の飛行場。
20人も乗り込めば満員になってしまうようなプロペラ飛行機が、
島同士をつなぐ大切な移動手段。窓から美しい海を独り占め!


セイシェルへは1996年当時、5泊9日のツアーで30万円弱。シンガポールエア(成田空港~シンガポール・チャンギ空港)とセイシェルエア(シンガポール~セイシェル)を乗り継いで、たぶん12時間くらいはかかったと思います。
行きのトランジットは待ち時間が少なかったけれど、帰りは乗り継ぎ時間が半日くらいあるので、その間にシンガポールでゆっくりショッピングをしたり、お土産を買ったりできました。

セイシェルは国際空港のあるマヘ島と、たくさんの離島からなっていますが、海とビーチのきれいさを求めるなら、離島に行くことをおすすめします。私たちは、まず「アンセ・ラジオ」のあるプララン島に4泊し、その後マヘ島に1泊して帰路につきました。

宿泊ホテルのベルジャヤ・プララン・ビーチリゾート(プララン島)とベルジャヤ・ボーバロンベイ・ビーチリゾート(マヘ島)には、すべて朝食と夕食がセットされていました。朝はバイキング形式で、夜はコース料理。味のほうは、「まずかった」という記憶がないので、たぶん美味しかった(?)のだと思います(笑)。


(次は、マヘ島の滞在記をアップします)
スポンサーサイト

05/26 : セイシェルからスノーケリングの旅がスタート

sayshel2.jpg
セイシェルのプララン島「アンセ・ラジオ・ビーチ」の海中風景。

今から10年前の1996年3月のこと。
インド洋のアフリカ大陸のマダガスカル島とモルディブの
ちょうど真中に位置する「セイシェル」に旅立った。

セイシェルとは115の島々からなる国の名前で、
上の写真は、その中の一つ「プララン島」にある
世界でもっとも美しいといわれる「アンセ・ラジオ」ビーチ。

真っ白なビーチは、ゆるやかな弧を描いて、
永遠に続くかと錯覚するほど、細長くのびる。

ここで、生まれて初めてスノーケリングをした。
水は自分が海の中にいるのを忘れるくらい透明で、
波のゆれ動く影が、海の底の白砂のスクリーンに映し出されていた。

その光と影の波模様を縫うように、
サカナたちが目の前をシュシュッとよぎる。
「えっ」。
一瞬、何が起こったのかわからなかった。
それがサカナだと気づき、
目で動きを追えるようになるまで
しばらく時間が必要だったのだ。

時間が止まっていた。
細胞の中の体液と、海の水との境がなくなり
からだは海とひとつに溶け込み、
そのすき間から体内の奥底に溜め込まれていた
さまざまな沈殿物が解き放たれていった気がする。

サカナを見ているのではなかった。
泳いでいるのでもなかった。
ただただ漂っていた…。

こうやって、私のスノーケリング・ライフがはじまったのだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。