--/-- : スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08/29 : 石垣・黒島の旅④ 「パナリ(新城島)へのツアー」

黒島からボートで約30分。
西表島の南、パナリ島へのツアーは
スノーケリング派におすすめ!


ishi6.jpg
黒島港は、とても港内とは思えないほどきれい。パナリツアーの船で、港の外に出ると、プール
よりも透明な青の海が待っている。その先に黒島港沖のスノーケリングポイントがある。


ishi7.jpg
民宿くろしまのパナリ島ツアーで上陸する場所は、パナリ島の上地島の港横のビーチ。

八重山諸島の離島のひとつ、黒島に渡った大きな理由に、「民宿くろしま」がやっている「パナリツアー」に参加したいというのがありました。

パナリというのは「離れ」という意味の通り名で、島の本当の名前は新城島(あらぐすく)といいます。パナリ島は上地島と下地島の2つの島からなり、干潮時は2つの島の間がつながるということです。
沖縄には「パナリ」と呼ばれている有名な島が2つあって、ひとつが八重山諸島のこの新城島。もう一つがケラマ諸島の渡嘉敷島・阿波連ビーチ沖にあるシブガキ島です。
(そういえば水納島も2つありましたよね)

民宿くろしまが催行しているパナリツアーは、朝9時に出発して、午後2時に戻る半日コース。ランチのお弁当がついていて、6,000円でした。まあまあ、妥当な値段設定なのではないでしょうか…。

黒島に渡った翌日は、低気圧の影響でパナリ島へのツアーは行なわれませんでした。そして3日目、「今日は何とかなりそうです」と民宿のおじさん。すぐに、申し込みの手続きをしました。

当日は、朝から快晴で、日差しが痛いように突き刺さってくるほどでした。おじさんも「今日は暑いから、日焼けに気をつけて」と、参加者一人ひとりに麦藁帽子を渡します。7月の黒島は、本当に日差しに気をつけないと、日焼けを通り越してヤケドしてしまうので、注意が必要です。


パナリ島(新城島)は
上地島・下地島の二つの
島からできている有人島!


ishi8.jpg
パナリ島の北には西表島が見える。距離的には黒島よりも西表のほうが近い。港横の
ビーチは、サンゴや透明度、ビーチの開放感もイマイチ。ポイントを変更してほしい。


黒島港を出ると、海の色が違いました。海底が真っ白な白砂のため、光が底まで差し込み、それが海中で反射して、透明なブルーの海を作り出していました。その中を、ボートでグングンとパナリに向かって進んでいきました。

港から遠ざかるとき、黒島の西の浜が目に入ります。ここは海亀の産卵場所として有名なビーチですが、真っ白なビーチのホワイトサンドと真っ青な海のコントラストの美しさは、世界のビーチリゾートと比べても負けていないと思います。
黒島では、仲本海岸以外はほとんど人が訪れませんが、西の浜はスノーケリング目当てではない人、ビーチでくつろいだり、海に沈む夕日を眺める人にとっては、最高のビーチです。

話がそれました。民宿くろしまのパナリツアーは、上地島の港に停泊します。そのため、パラソルを設置するビーチは、港横の小さなビーチです。ここは期待に反する、とてもつまらないビーチでした。
ビーチ自体も漂流物がたくさん打ち上げられていて、あまりきれいではありませんし、海の中も透明度が低く、サンゴも魚も見るべきものは余りありませんでした。

あとから知ったのですが、西表島や石垣島から日帰りで運行されている多くのパナリのスノーケリングツアーというのは、上地島と下地島の間のサンゴが群生しているポイントに連れて行ってくれるのだそうです。
私が写真で見て知っていたパナリ島のツアーは、民宿くろしまの行く場所とは違っていたのです。

ですから、パナリ島でのスノーケリングを目的とする場合は、民宿くろしまのツアーでは、ちょっと失望してしまうかもしれません。でも、パナリ島以外の、最高のスノーケリングポイント「黒島港沖」に連れて行ってくれますので、スノーケリング自体は大満足できると思いますが…。


スノーケリングだけが目的なら
黒島港沖のフィシュウォッチング
コースに参加する手もある…!


kuro1.jpg
スノーケリングが目当てでパナリ島ツアーに参加する人は、途中の黒浜港沖のポイントで大満足
できるでしょう。これだけ元気なサンゴが群生する根は、手軽にはめったに見られない。


黒島港沖のポイントへは、いったんパナリ島の港に到着して、荷物や人を下ろしたあと、希望者だけ募って、ふたたびポイントへと向けて出発します。ポイントの素晴らしさについては、すでにこちらで詳しく紹介しましたので、ご覧になってください。

とにかく素晴らしい巨大サンゴの根が群生するポイントですので、参加することを絶対におすすめします。じつは、このポイントだけのスノーケリングコース「フィッシュウォッチング・コース」も設定されています。

もし私が次に黒島に行ったとしたら、絶対に、パナリコースではなく、黒島港沖のフィッシュウォッチング・コースに参加しますよ。だって、このコースのほうが、黒島港沖のポイントだけを集中して楽しめますから…。


(次回は、石垣島の旅行記をアップする予定です)
スポンサーサイト

08/23 : 石垣・黒島の旅③ 「黒島は暑かった~!!」

石垣島から船で25分!
7月の真夏の黒島は
焦げるかと思うほど暑い!


ishi10.jpg
黒島のメインビーチで、最大の観光スポットである仲本海岸。干潮時、リーフにはたくさん礁湖ができる。

2000年の7月に訪れた黒島は、とにかく暑かった。
黒島へは石垣島の離島桟橋から八重山観光フェリーと安栄観光の船が出ていて、およそ25分で到着する、思ったよりも近い離島です。沖縄本島から慶良間に行くよりも近い、伊良部島や伊江島と並ぶ、じつは気軽に行ける離島のひとつです。

黒島港には数軒のお土産屋さんやアクセサリーショップがあるだけで、民宿が集まる「仲本」や「宮里」へはちょっと離れていますので、真夏の日中の炎天下に歩いていくのは危険かもしれません。宿に宿泊する予定でしたら、到着時刻を伝えておけばクルマで迎えに来てもらえるはずです。

黒島には宿は数軒しかありません。そのうちダイビング施設があるのが「民宿くろしま」と島唯一のリゾート感覚のある「黒島マリンビレッジ」です。私たちは、黒島に渡った最大の目的である「パナリ(新城島)ツアー」を催行している民宿くろしまに宿泊しました。

ここはダイビングがメインの宿なので、あまり食事には期待していなかったのですが、やっぱり内容はイマイチでした。べつに離島に来てまで、トンカツや生姜焼きのような一般的な食事が出ても、ちっともうれしくありません。やっぱり、地の物で夕食は作ってほしいと思います。

私からすると、何で「黒島でトンカツ食べなければいけないの?」という感じです。ダイビング目当ての客が来るから、あえて料理では努力しなくてもいいということなんでしょうか…。うーん、悲しいです。
地の食材を使った、本当に美味しい料理を出せば、それだけでその宿の魅力は何倍にも増すと思うのです。それがリピーターを定着させ、口コミで客を広げる大きな武器になるのに…。


黒島の中心の村には
日本百選の道がある!
ても人はまったく通らない…


ishi2.jpg
仲本海岸の隣に位置する宮里海岸。海に入らなかったので、海中がどんな感じなのか不明。

ishi3.jpg
宮里海岸の入り口にあるフズマリ展望台。石を積み重ねてつくられたものだが、
何となく陰からハブが出てきそうで、恐くて登ることができなかった…(笑)。


民宿くろしまには3泊したので、仲本海岸でのスノーケリングのほか、宿の周囲を散歩し、レンタサイクルで島内を見て回りました。5年前の遠い記憶をたどると、その感想は、ただただ暑かった! ということしか思い出すことができません。

7月の黒島は、見た目では真上から太陽が照りつけるようで、日中は少し歩くだけで頭がくらくらしてくる感じ。とてもではありませんが、夕方になるまで散歩ができる雰囲気ではありませんでした。
宿から10分くらい歩くと、黒島マリンビレッジの横にある海中公園研究所にたどり着きます。ここではウミガメが飼育されていてますので、時間に余裕がある人は訪ねてみるといいかもしれません。

黒島の宿は仲本海岸のそばに集中していますが、島の中心はそこから、炎天下を自転車で15分くらい走り続けた東筋にあります。ここは日本百選の道のひとつということですが、あまりの暑さのため、道の美しさを味わっている余裕なんかきっと出てこないと思います。人やクルマもめったに目にしない道です(笑)。

島の中心に行ったからといって、郵便局があるくらいで、何か特別な施設があるわけではないので、特別な用事がないのでしたら無理して行く必要はないと思います。小さな売店が1軒だけありますので、アイスを買って英気を養い、ふたたび民宿への帰路に着きました(笑)。


仲本海岸以外にも極上の
スノーケリングポイントが
あるという噂が…?


ishia4.jpg
黒島の中央部には牧草地帯が広がる。なぜなら黒島は牛の放牧が盛んな島だから。

民宿に泊まると、離島めぐりをしている、いろいろな人と知り合うことができます。「民宿くろしま」では、波照間島でキャンプをしていた人、西表島でスノーケリングツアーをしてきた人、何の目的もないのにただ黒島に来た人…など、さまざまな理由で黒島にやって来ていた人と話す機会がありました。

あっ、そういえば野鳥を観察しにきた人もいました。民宿の周りには、けっこういつでも鳥が鳴いていて、美しいさえづりを聞かせてくれます。とくに夕方近くなると、多くの鳥たちが肉眼でも見える場所に顔を出し、素敵な音色を聞かせてくれました。

でも、やっぱり黒島は海以外には何もない島です。とくに真夏に訪れるとしたら、海で遊ばない場合は、ただ部屋の中でじっとするくらいしかできないかもしれません。

スノーケリングは仲本海岸がメインなのですが、島の北東にある阿名泊(アナドマリ)が、エダサンゴが群生する素晴らしいスポットだということを聞きました。ただ、スノーケリングの情報として聞いたわけではないので、スノーケリングができる場所なのかどうかも定かではないのですが…。どなたか阿名泊のスノーケリング情報をご存知でしたら教えていただけるとうれしいです。


(次回は、黒島~パナリツアーをアップする予定です)

08/12 : 石垣・黒島の旅② 「黒島港北のボートスノーケリング」

黒島港からボートでわずか5分
巨大サンゴの根が点在する
最高のスノーケリングポイント


ishi19.jpg
エダサンゴとテーブルサンゴが生命力旺盛に、さまざまなオブジェを作り出しながら陣取り合戦している。

ishi18.jpg
根の直径は大きいものは20m以上あるかも。水深5~6mの白砂の海底からサンゴの根がいくつ
もそびえたつ光景は感動的。どの根も素晴らしくて、スノーケリングする場所選びに迷うほど…。


民宿黒島に泊まったのは、じつは新城(パナリ)島へのツアーに参加するためでした。黒島に到着した翌日は、熱帯低気圧の影響でパナリツアーは中止。離島へのツアーは、海況に左右されやすいので、実際に行けるかどうかは、その日になってみないとわからないのがつらいところです(笑)。

しかし、その次の日は、何とか開催できるということでしたので、迷わずに申し込みました。黒島港北のスノーケリングポイン、通称「サンゴのお花畑」は、パナリツアーの立ち寄りコースとして組み込まれていたのですが、実際はパナリなんて比べ物にならないほど、素晴らしいサンゴの根のポイントでした。

黒島港を出港すると、海の色はいきなり変わります。青の色が、緑がかった透明なブルーになるのです。サンゴの根のポイントは、この透き通る青色の海の下にありました。黒島港からボートでわずか5分の距離で、この世のものとは思えないサンゴの海が堪能できます。


民宿黒島のパナリ島ツアーの
途中のスノーケリングポイント
として行くことができる


ishi16.jpg
根のトップは、干潮時は水面下50cmほどになる。トップには色鮮やかな、さまざまなサンゴと、サンゴに
群れる小魚たちであふれかえる。水面を漂いながら、サンゴの上を浮遊すると幸せな気分に満たされる。


ishi17.jpg
パナリ・ツアー中の立ち寄りポイントなので、わずか30分ほどのスノーケリング時間はあっという間
に終わりを告げる。パナリ島・上地島の港横のスポットよりも、こちらのポイントのほうが断然上。


黒島港北のスノーケリングポイントは、ツアーでいったんパナリ・上地島に上陸したあと、希望者だけ募って再びボートで連れて行ってくれます。パナリ島でノンビリとしたり、島内を散歩したい人は、そのままパナリに残ることることができます。でも、スノーケリング好きな人なら、絶対に黒島港北ポイントは行くべきです。

このポイントは、たぶん200m四方くらいの範囲に、巨大サンゴの根が海底5~6mの海からいくつもそそり立っています。根の上も横も、根の全部が生きのよい、ピキピキのエダサンゴとテーブルサンゴで覆われています。これだけ元気なサンゴは、ビーチエントリーではなかなか見ることができないと思います。

もちろん、外洋の中のポイントですので、波や流れは若干ありますが、自分の泳ぐ力とボートまでの距離を常に考えながらスノーケリングすれば、ライフジャケットを装着して潜れない人でも、海面から美しいサンゴと魚たちの群れを思う存分に味わうことができると思います。


写真は色がよくないけれど
実際の海は写真の100倍以上
美しいサンゴの楽園!


ishi21.jpg
太陽の光が射し込んだときは、あまりの美しさに、ただただ言葉を失ってしまった…。

ishi20.jpg
白、紫、青、黄に輝くエダサンゴが群生している(写真は色を失敗しているので、
本当のサンゴの色とはぜんぜん違います。ごめんない)。


仲本海岸のタイドプールやドロップオフもそれなりに魚はいるし、サンゴもありますが、こことはまったく比べ物にはなりません。写真はピントも甘く、色はあまりよくないのですが、実物は写真の何十倍、何百倍も美しく、素晴らしいです。スノーケリングして絶対に損はありませんよ。

しかも、サンゴを囲む海底は真っ白なホワイトサンド。青の海と、色とりどりのサンゴ、真っ白な海底、そし珊瑚の上で泳ぐて魚たちの群れ…いくつもの根を、次から次へとハシゴしている間に、夢のようなスノーケリング時間はあっという間に終わってしまうと思いますよ(笑)。

できれば、ここだけで2時間くらい、たっぷりとスノーケリングを楽しめるといいのですが…。


(次回は、何をアップするかまだ未定です。ごめんなさい。)

08/10 : 石垣・黒島の旅① 「仲本海岸でのスノーケリング」

安心お手軽なタイドプールと
豪快なアウターリーフの
2つの顔を持つ黒島・仲本海岸



仲本海岸のリーフエッジ外側のサンゴの様子。ドロップオフのエッジ斜面には、サンゴがびっしり。

ishi5.jpg
仲本海岸は干潮時にはリーフエッジ内と外の潮の流れが遮断され、エッジ内にはいくつもの礁湖
(タイドプール)ができる。その大きさは、小さなものから、巨大なものまでさまざま。


2000年7月の黒島・仲本海岸でのスノーケリングの写真です。
このときは民宿黒島に泊まって、仲本海岸&パナリ~黒島港北のスノーケリングスポットをスノーケリングしました。私の黒島の印象は、「とにかく暑かった!」ということです。民宿黒島から仲本海岸までは、のんびり歩いて10分くらい。その間が、もう焦げるかと思うほど、暑いのです。

私が行った7月はちょうど、お昼前後が干潮に当たり、潮が見る見る間にどんどん引いていき、あっという間にタイドプール(礁湖)が目の前に、いくつも出来上がりました。そして、タイドプールを形作るリーフの上を自分の好きなところまで歩いて行って、そこでスノーケリングをします。

干潮になると、仲本海岸の真ん中にリーフエッジに続く道ができ、その左右に大きなタイドプールが浮かび上がるのですが、向かって左側のほうが、サンゴが発達して魚も多く楽しめます。


リーフエッジ内は流れがないので
サンゴと魚ウオッチングの
スノーケリングに最適!


ishi12.jpg
タイドプールは、浅いところは背が立つような水深だが、深いところは2~3mあるので注意したい。

ishi11.jpg
水の透明度は、浅いところでは低くなるが、広くて深いタイドプールは透明度も高い。

タイドプールはリーフエッジに向かうほど、基本的には水深が深くなっていきます。最初は背が立つような深さだったものが、水深2~3mになってくると、サンゴも多くなっていきます。

しかし、浅いから魚がいなくて見どころがないかというと、浅場でもさまざまな魚やサンゴを見ることができます。波もなくも流れもまったくないため、初心者でも安心して、ゆっくりとスノーケリングを楽しむことができると思います。

もしかしたら、初めてのスノーケリングには最高の場所かもしれません。きっと、海の素晴らしさを心から味わえ、感動できるのではないかと思います。でも、泳げない人は、安全のために必ずライフジャケットを着用してくださいね。急に深くなり、足が着かなくなる場所もありますから。


波が高く、流れも速い
アウトリーフへ出るときは
戻るタイミングに注意!


ishi14.jpg
エッジの外のサンゴは色はけっこう地味なものが多い。無理して外に出る価値はあまりないかも。

ishi13.jpg
エッジはドロップオフとなり、急激に深く落ち込んでいる。波も打ちつけて、かなり迫力のある景観。

ishi4.jpg
写真ではわかりづらいが、エッジの壁の切れ間には小魚たちが群れる。

仲本海岸のリーフエッジの外に干潮時を見計らって、出てみました。この日は、けっこう波も高く、エッジに波が打ち寄せ、白波がつねに立っている状態でした。私のほかにも何組かのスノーケラーがアウターリーフに挑戦していたようです。

でも、期待していたよりも、サンゴの種類や色は豊富ではなく、魚の数もタイドプールに比べて圧倒するほどではありませんでした。ただ、ドロップオフのダイナミックな様子は、タイドプールでは味わえない圧倒的な迫力があるのは事実です。

それでも、危険を冒してまで、リーフの外側に出る価値があるかというと、そんなにはないように私は思いました。なぜなら、仲本海岸はアウトリーフから戻ってくるときのタイミングが非常にむずかしいからです。

常に波が高く流れが速いために、引き潮のときだと、エッジの壁に密集しているサンゴが邪魔になって、上に登ることができないからです。無理に上ろうとすると、波に打ち付けられて、サンゴで怪我をすることになると思います。

戻るタイミングとしては、引き潮が満ち潮に変わり始めて、リーフエッジが再び海の中に沈み始めたころの潮の流れに乗って、エッジの切れ間から戻ってくるのが一番よいと思います。


(次は、「黒島港北のスノーケリングポイント」を紹介する予定です。)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。